2006年03月28日

アレルゲンの見つけ方

テーマ:アトピー全般

今までこのブログではあまり触れていなかったことの一つに、「アレルゲン」があります。

アトピーとアレルギーは切り離して考えられませんが、ひとことでアレルギーといっても、その病態は様々で、素人が「こうするといい」と簡単にアドバイスできることが少ないからです。

しかし、「どうやってアトピーのアレルゲンを見つけるか」については、少しアドバイスできそうです。

病と闘うブロガーのランキング

アトピーのアレルギーは、主にW型アレルギーといわれる「遅延型アレルギー」に分類されています。

T型というのが、いわゆる蕁麻疹のような、数分で反応が出てしまう即時型なのに大して、半日〜1、2日という長いスパンを経て反応が現れるものをW型といいます。


しかし、まぁ医学的な分類をいくら理解したって、アトピーの自己治療にそれほど大きく影響しないので、このくらいにしときます。


さて、アトピーを治すには、肌の回復が、肌の破壊を上回ればいいと以前お話しました。


ここで大事なのは、アトピーのアレルゲンに接触してしまうと、湿疹が起きるため肌の破壊が進み、回復が遅れてしまうことです。
(当たり前ですが)


だから、これまた当たり前ですが、アトピーを治すには、できる限りアレルゲンとの接触を避け、肌が回復するのを助けなくてはなりません。


一旦、肌がほぼ完璧に回復しますと、少々の湿疹や引っかき傷では、アトピー症状までいかなくなります。

(健康な肌の人が、多少のあせもや蕁麻疹、乾燥による掻痒でも、アトピー肌とは違うのと同じです)


じゃあ、どうやって自分のアレルゲンを見つければよいのか?


病院で血液検査してもらったり、スクラッチテスト、パッチテスト、皮内テストなどを受けて調べるという方法もあります。

しかし、この病院の検査結果も、100%正確だとはいいきれません。

血液検査は、あくまでも「試験管内」での反応であって、実際のカラダそのものの内分で起こっていることとは微妙に違いますし、種々の皮膚テストもその日の体調や肌の調子、食べた食事の内容にも影響されます。


ですから、病院での検査結果は、あくまでも参考としてとらえて、一喜一憂しないことが大切です。

私の経験では、一番正確で、一番信頼できるアレルゲン特定方法は、


肌に湿疹が起きた時、その直前から1日前までの生活をじっくり振り返ってみる


という方法です。


小児は別として、成人ならば自分の24時間について、一番よく分かっているのは自分自身です。

・何を食べたか?

・何をしたか?

・何と接触したか?

こういったことを、湿疹が起こるたび、症状が突然悪化したときなどに、ちょっと立ち止まって振り返って考えて見ます。


そうして、「もしかしてこれが悪かったのかな?」と思ったモノや事を覚えておいて、再現性があったら、それがあなたのアレルゲンである可能性は非常に高く、また病院の検査なんかより正確なのです。


自分のアトピーの最良の担当医は、自分自身だ



と私は考えます。

どんなによい皮膚科医も、あなたのアトピーに関する知識では、あなたに勝る人はいません。


考えること

も、アトピーの治療の上で非常に大切なことです。

メルマガも発行しています!
『病院では教えてくれない本当のアトピーの治し方』






posted by コニー at 14:04| Comment(6) | TrackBack(2) | アトピー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。私の場合なんですが、趣味でダンスをやっていて、そのレッスンに行くと確実に悪化します。大量の汗をかくからだと思うのですが、こういう汗は悪くないとのことなので、悩んでいます。やはり治るまではやめたほうがいいのでしょうか?
Posted by yayo at 2006年03月29日 09:01
■yayoさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
(私の場合は)体を動かして大量の汗をかくと、かえって肌がツルツルになります。
大切なのは、汗を大量にかいたあと、なるべくすばやくきちんと石鹸で汗を流し、清潔な衣類に着替えることです。
また、レッスン時に身に着けている衣服や、スタジオの空気なんかはどうでしょう?
汚れた空気も、細菌感染を誘発するので、あまりよくありません。

「あれがよくない、これがよくない」と強調するのはキライだし、聞くのも嫌だとは思うのですが、yayoさんは、自分で考えてみて、ココへ書き込みをしてくださっているくらい積極的なので、あえて書いてみました。参考程度に聞いてくださいね。

いろいろと考えてみて、対策をしてみてもレッスン後に調子が悪くなるようなら、やっぱりレッスンに係る何かがアレルゲンとなっていることも考えられるので、自己判断で一度中止するのも、一つの選択肢だと思います。

頑張ってくださいね。応援してます!
Posted by コニー at 2006年03月29日 11:09
お返事ありがとうございます。親身になってお答えいただき大変嬉しく思います。 レッスンは2時間なんですが、終わった後即効でシャワーを浴び石鹸で体も洗っています。いままで、一回レッスン行っては1ヶ月休みというのを何ヶ月も繰り返してきました。 なんとか対策を考え、続けてレッスン行けるようになりたいとずっと思っていました。お答えいただいた中で、着ているものというのがありましたが、今度はそれを変えてみて様子をみようかと思います。また何かありましたらお伺いしたいと思います。ありがとうございました。
Posted by yayo at 2006年03月30日 08:56
こんにちは!
私のブログにコメントありがとうございました。

アトピーについてすごく勉強になるブログですね。
思わずじっくり読んでしまいました。
私のブログにリンクを貼らせていただいたいのですが、よろしいでしょうか?
ご迷惑でしたら言ってくださいね☆

私も自分のアレルゲンをしっかり突き止めなきゃな〜と思いました。
Posted by きりり at 2006年04月01日 21:40
■きりりさん
こんにちは!律儀にコメントまで、ありがとうございます!
これから、結婚式の準備、いろいろと大変でしょうけれど頑張ってくださいね!
私も結婚するときはまだアトピー全開だった時なので、祈るような気持ちだったのを思い出しました。
結婚式のメイクの人にも、「この化粧水と、このファンデでおねがいします!」って、持込で(笑)。
幸い、祈りが届いたのか、肌の調子は絶好調で式を迎えられました。きりりさんも、きっとそうなれると思ってます!頑張ってー。
Posted by コニー at 2006年04月02日 16:02
■きりりさん(続)
ごめんなさい、書き忘れました。
リンク、もちろん大歓迎です。
私もリンク貼らせてくださいねー(^ ^y
Posted by コニー at 2006年04月02日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15620463

この記事へのトラックバック

漢方
Excerpt: 薬はクスリでも、漢方と聞くとなんだか身体には良さそうという イメージってありますよね。ケミカルな薬よりも。 ↓こちらは、全国の医療機関の中から漢方に詳しいお医者さんを検索で..
Weblog: 心と体の癒し
Tracked: 2006-03-28 18:20

アトピー対策 1/5
Excerpt: 以前、アトピーで赤ら顔になったりひどくなった時期がありましが 今はすっかりよくなりました。 そのときの経験を元に効果があったと思われるものをお知らせします。 まず、酸化イオン水生成器です..
Weblog: ネット通販生活
Tracked: 2006-03-28 21:21