2006年08月17日

治ってきた!

テーマ:アトピー全般

蒸し暑い日が続いていますが、皆様なんとか乗り切っていますか〜?

さて、先月の引越しを機に再発したアトピー、山場を越えました。

かなり治りつつあり、後はかさぶた状のかさかさが取れて、色素沈着が抜けるのを待つだけです。

頑張るあとぴっこが見つかるblogランキング

今回の再発原因は、以下の点だと私はにらんでいました。

1)引越し時にハウスダストを吸ったこと

2)引越し後、押入れや物置にあった古い荷物が収納しきれず和室に山積みとなり、その部屋がマンション室内の風の通り道だったため、古い荷物に付着したカビやダニ、ダストがマンション中に撒き散らされた

3)洗濯槽にカビが生えて、洗濯物にもカビ胞子が付着していた

4)長雨で布団が干せず、ダニが発生した


大きなきっかけは1)、2)で、その結果アレルギー性の発疹ができて、肌が敏感になり体質もアトピー的にIgE値が上がったところへ、3)、4)が重なったためと考えました。

なので、まずは原因となった事項への対処をしました。

つまり、

1)夫にも強力を御願いして古い荷物を片付け、捨てるものは捨て、室内を整頓した。

2)業者へ御願いして洗濯槽の分解掃除をしてもらった

3)高性能掃除機オキシジェンを購入し、ダニのいそうな布団、ソファ、カバー類を徹底的に掃除した


これだけで、ある程度、症状が治まってきました。

後は、今までの経験を元にした体質改善、痒み対策、肌の手入れです。

やったことは

1)徹底的に汗をかく!!

着ている物がぐっしょり、「脱水前の洗濯物」になるくらいの量の汗を、1日に何度も流すよう、体を動かしました。

といっても、真夏ですから、クーラーつけずに家事をしたり、自転車で買い物へ行くだけでいい運動になり汗をかきます。

私は、タイプ的に「一度に大量の汗をかく」と、体内の悪いものが出てしまうらしく、一気に肌が回復します。

汗のかき始めは痒みがありますが、かまわず体を動かしつづけていると、どんどん汗が流れ始め、ある時点から痒みは全く感じなくなります。

汗が流れ続けている間はよいのですが、一旦、動きをとめて体が冷え始めると、汚れた体表面に雑菌が繁殖しやすくなるので、なるべく早くシャワーを浴びて、きちんと石鹸を使って汚れを落とします。


2)食べる量を少なめにする

これは、わりかし簡単で、今までの倍くらい時間をかけて、物を噛むようにすると、脳の満腹中枢が刺激され、少量で満腹感が得られます。

まぁ、少量といっても今までの8割くらいの量はしっかり食べています。

食事は和食を中心とし、野菜はなるべく温野菜で、お浸しや炒め物、煮物など。タンパク質は豆腐、厚揚げ、青魚など。

一番ひどい時期の数日間は、禁酒もしました。

えっ?当たり前??やー、私にとっては結構大変なことなのですけどぉー。


3)脱塩素する

今まで住んでいた場所は、水がわりと柔らかく、脱塩素しなくても肌に刺激を感じませんでした。

しかし、引越しした場所は首都圏のため、やはり水道水中の塩素がきついらしく、刺激を感じました。

これは、肌がアトピー化して敏感だったためかもしれませんが。

なので、バスタブ中のお湯へビタミンCを入れるだけでなく、シャワーヘッドも塩素除去できるタイプに交換して脱塩素対策をしました。


4)そして殺菌・保湿!!

これまた私のお決まりの方法ですが、やはり(私には)効果があります。

アトピーが再発すると、なにより痒みがありますから湿疹部分を掻いたり触ったりしてしまいます。

ここに黄色ブドウ球菌や、その他悪玉の雑菌が繁殖すると、ひどい炎症に発展したり、ますます痒みを誘発して、負のサイクルへ突入してしまいます。

ですから、またまた大量にマキロンもどき(キズリバエースマッキンZ)を購入し、朝晩せっせと殺菌しました。

また、マキロンもどきで殺菌すると、肌がやはりダメージを受け、硬くなって乾燥しますから、その後すぐに保湿します。

ちょうど夏のセール中だった、いつもの木酢ジェルをセット料金で購入し惜しみなくペタペタ。

痒みが強い時にはユースキンリカAを使いました。

ステロイドは使いませんでした。


なんとか、重症化する前に食い止められたようです。


私が行なった方法が、他の方全てに当てはまるわけではもちろんありません。

でも、自分に合った治療方法を見つけるということは、再発時にもこんなに役に立ちます。

自信を持って、自分自身に投資することができ(今回私は掃除機と、木酢ジェル、シャワーヘッドなどにお金を使いました)、また重症化する前に食い止められるので、早期に回復することが可能です。


治療のポイントは、肌表面の治療は、あくまでも悪化防止程度に考えて、体の中から治療するんだという気持ちを持つことです。


まだ、完治には至っていません。

引き続き、今の治療を繰り返しまーす。

同じくアトピーと戦っている皆さん、頑張りましょうね!

メルマガも発行しています!
『病院では教えてくれない本当のアトピーの治し方』

ホントニホントに、近日中に発行します!






posted by コニー at 16:19| Comment(5) | TrackBack(1) | アトピー全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
今月初めにこちらのブログを見つけて読み始めて、早速除菌剤&リカAを買い求め、たった2週間で本当に驚くほど良くなりました。
こんな簡単な事でステロイドを捨てられるんだ!と本当に関心&感謝です。
唐突で失礼ですが質問です。
でも・・・痒みや肌荒れは改善しつつも、赤みがなかなかとれません。保湿剤が悪いのでしょうか?(因みに病院支給の『ヒルドイド』使用しています)
木酢ジェルは本当にお勧めでしょうか??
Posted by ユナ at 2006年08月18日 16:54
■ユナさん
症状が改善されたという声が一番嬉しいです。よかったですね!
赤みが残っているというのは、炎症がまだ続いているということだと思います。保湿剤のせいというより、アレルゲン対策や、体質改善に注目した方がよいかもしれない、と思いますが。
木酢ジェルが本当にお勧めか?という質問は難しいですね。私にとっては本当に神様のようなジェルですが、万人に合うというわけではないのです。ただ、成分は信頼できるものなのでお試しセットで肌に合うか確かめてみたらどうでしょう?また値段が高いので、他の保湿剤で間に合うなら、買わなくても良いと思いますよ。
Posted by コニー at 2006年08月18日 19:35
ハウスダストによる悪化って、困り者ですよね。引越しにしても、大掃除にしても。周囲のヘルプがあると本当に有難く助かります。私事ですが、先日より帰省しておりまして。自分側の実家なはずなのに、悪化して帰ってきました。原因は、これまで掃除してくれていた人がいなくなってしまって、普段から掃除があまりされていなかったせいかと。布団も前日に干されたくらいで、ずっと押入れのまま。押入れの中はほとんど掃除されていません。家も埃が多く、風呂場も結構汚いものでした。私が掃除できればいいのですが、疲れで少々アトピーが出始めていたときでしたので、こんな埃だらけの家を掃除して、それ以上の刺激を受けることが怖く。結局徹底的に掃除をする人が居なかったため、さらに酷くなってしまって。このままじゃ、実家に帰省することもままならなくなるのかなぁ・・・と、実はちょっと哀しく思っています。すみません、ちょっと愚痴デス。コニーさん、治ってきたとのこと、良かったですね♪
Posted by はる at 2006年08月19日 17:27
掃除機のレポートも読ませていただきました。コニーさんは、悪化した原因をしっかり突き止めて、対策を立てることで再発を乗り越えられているのですね。
見習わないと・・・
私は治ってきていたところで、汗をかいたことが原因で再び悪化。でも、前回よりも短期間で元の状態まで治すつもりで頑張っています。有給休暇願いを提出したら、上司に嫌みを言われてしまいましたが、自分の体を第一に考えて、休暇をゲット。
ネガティブにならないで、治すためにできることをみつけていかないといけないなあと改めて思いました。

Posted by たんぽぽ at 2006年08月20日 18:55
■はるさん
あ、その気持ちすごいよく分かります。
私も実家や旦那の実家、親戚の家、民宿、等等、とにかく「他人の家」へ泊まるというシチュエーションになると少し身構えます。
自分の家なら自分でコントロールできますけれど、他人の家だと自分で掃除機かけるわけにもいかないし、あまりうるさく言うと嫌味だし、かといってアレルギーは一度起こるとたった一日で肌は劇悪化することもあるし。
はるさんはおそらく私よりずっと若いと思いますけれど、私くらいの年齢になると親もだんだん年をとって、掃除もきつくなってきます。
そういった対策も、考えていかなくてはなりませんね。

■たんぽぽさん
先ほどメールも返信しましたよ(笑)
上司に嫌味を言われても、休暇をゲットした精神力、脱帽です。
でも、健康と仕事どちらをとるかと言われたら、私も絶対に健康の方をとります。
たんぽぽさんの選択は正しいと思いますよ!
頑張ってくださいね。きっと快方に向かうと信じてます。
Posted by コニー at 2006年08月20日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22460686

この記事へのトラックバック

アレルギーコップ説
Excerpt: 人はそれぞれアレルギーを貯めておく「コップ」を持っているという説です。幼い頃か
Weblog: シックハウス診断&解決NAVI
Tracked: 2006-08-17 21:20