2005年08月29日

冷えと水毒

アトピーは中医学的にいうと、「水毒」です。


その名のとうり、体内の水の流れがうまくいかない状態のことです。


また、「水」は5行でいうと「腎」に属し、さらにはホルモンにも関連します。
(ここで、なんだかすごく面白いー!!って思うのは私だけ!?)


ではなぜ、「水毒」がよくないのか?アトピーにつながるのか?というと


今日のブログランキングは?

「水毒」と「冷え」はいわばにわとりと卵の関係で


体内の「冷え」によりめぐりが悪くなり、余計な水がたまる「水毒」を引き起こし


この「水毒」が更に体を冷えさせるという悪循環を起こすのです。


アトピーの方の中には、
「でも私は冷え性なんかではなくて、どちらかというと暑がり」
「冷房大好きで、暑がりだし汗っかき」

という人がいるかもしれません。
こういう症状を、「冷えのぼせ」というそうです。


つまり、体内が冷えすぎたせいで逆に「のぼせ」状態になり、汗をかき、水分を沢山取るためますます「冷え」させ、これまた悪循環になっていくのです。


血液をサラサラにするために、体の毒を出すために、ダイエットによいから、美容によいから、、、云々という美辞麗句を並べ立て


ミネラルウォーターを一日2〜3リットル飲むという人がいますが


アトピーの人は、これほど大量の水を飲むのは逆によくないのですね。


もちろん、夏場に汗をかいたりして体が水分を欲しているときは、水分補給は不可欠です。


でもその際も、体を冷やす冷たい飲み物やビールは避け、あたたかい紅茶などを飲む方が、アトピーに効くのです。


次回は、「冷え」を取る方法について、レポートしたいと思いまーす。





最新作映画が ★ 必ずレンタルできる!☆TSUTAYA DISCAS☆

posted by コニー at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 漢方・中医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーんなかなか為になりますな、自分も当て嵌まりますよ。暑がりで寒がりです。長いアトピー人生なんで聞いた事はあるんですがあらためてふむふむとなります。IgEが七万あるラッキュウでした。
Posted by ラッキュウ at 2005年09月02日 03:04
ラッキョウさんこんにちは。
アトピー長いんですね。(私も長かったです。)
これから少しづつ、涼しくなって過ごしやすくなりますが、季節の変わり目はアトピーも変化しやすいですから、保湿等に気をつけて乗り切りましょう!!
Posted by コニー at 2005年09月02日 13:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6349411

この記事へのトラックバック