2005年09月01日

冷え対策−入浴編−

前回に続き、アトピーの原因ともいえる体内の「冷え」対策です。


自分でできる治療法で、最も即効力のある治療法が、「半身浴」です。


「半身浴」が体によいことは、ほとんどの人が知っていると思いますが、正しい半身浴をしようとなると、なかなか難しいものです。


実際、私も「半身浴」をしていると信じ込んでいて、実はそれが正しい方法でなかったことに最近ようやく気がつきました。


今日のブログランキングは?

まず、間違っていた私の入浴方法をご紹介。。。


1)最初に、シャワーで洗顔、シャンプー・リンス(時々はパックも)、体を洗います。
           |
           ↓
2)その後、ぬるめのお湯につかって、お気に入りの文庫本を読みます。
           |
           ↓
3)汗が大量に出てきて熱くなってくるので、一旦湯船から出てふちに腰掛けて、のぼせが収まるのを待ちます。
           |
           ↓
4)のぼせが落ち着いたら、また湯船に浸かり、文庫本を読む。
           |
           ↓
3)、4)を出来る限り繰り返す(全体で1時間程)


さー、どこが間違っているか、おわかりですか?
30秒以内にお答え下さーい。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
ブー


答えは、3)でーす。


ぬるめのお湯といっても、体感温度は人それぞれ。


のぼせて浸かっていられなくなるなら、それは熱すぎるのですね。


しかも、湯船から出てしまったら、せっかく暖まった体を、わざわざ冷やしてしまっている訳です。


これでは、正しい半身浴にならないし、体も温まりません。汗かくだけ。
(ダイエットにはOK!?)


正しい半身浴をするには、いつまででも浸かっていられるくらい、本当にぬるめのお湯に浸かること。


そして、胸まで浸からず、みぞおちくらいまでしか浸からないことがポイントです。


私は、なんだかんだいって、胸の辺りまで浸かっていたのもあって、我慢できなかったのでしょう。
(心臓まで浸かっちゃいけないってこと)


寒いほどのぬるいお湯でもいけません。寒くはないけれど、すぐに熱くて我慢できなくなるような温度ではダメです。


この辺の温度調節は、温度計でいちいち測るより、その日の自分の体調や気分、入浴時間(結構半身浴は時間かかるので、、、)にあわせて、調節するべきです。


正しい半身浴ができると、じわじわと長ーく汗をかくので、息が切れたり、我慢できなくなるようなことはありません。


体が芯からあたたまる感じです。


これが、正しい半身浴で、冷えに一番即効力があります。


長く浸かるためには、
・文庫本や雑誌を持ち込む
・気に入ったエッセンシャルオイルを数滴垂らす
・音楽を聴く(防水ラジオや防水ラジカセで)
・浴室を暗くして、水に浮かぶタイプのキャンドルを点す
・バスピローを持ち込む
・ミネラルウォーターやスポーツドリンクを持ち込む


等など、いろんなアイデアが浮かんできます。


もちろん石鹸は無添加100%!!
オススメはこれですよ!!

      ↓↓↓

ねんどのソープ

マルセイユ石けん ビッグバー2.5kg





最新作映画が ★ 必ずレンタルできる!☆TSUTAYA DISCAS☆
posted by コニー at 16:52| Comment(2) | TrackBack(1) | お風呂でリラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供がいるとなかなか入浴にも時間がとれなくて、半身浴が良いと聞きますが、未だにちゃんとやったことがありません。
でも、家族に協力してもらってやってみる価値はありますよね。
今度相談してみようと思います。
Posted by 猫又 at 2005年09月02日 01:27
猫又さんこんにちは。
そうですよね、小さいお子さんがいると、カラスの行水になっちゃいますよね。
半身浴が毎日無理なら、足浴ならどうですか?
大きめのタライにお湯を張って(これは少し熱めで)足だけ浸すやり方です。これも、冷えに効果があるんですよ!
Posted by コニー at 2005年09月02日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6448971

この記事へのトラックバック

アンケート2結果報告と新しい投票内容
Excerpt: 「親族(親、子供、兄弟など)にアトピーの方はいらっしゃいますか?」というアンケートへのご協力ありがとうございました。結果は、以下の通りです。 今回もあまり言うほど投票数は多くは無かったのですが、..
Weblog: どうすればアトピー完治?
Tracked: 2005-09-01 23:58